2013年11月15日

一難去ってまた一難・・・2nd

(割とよくある)大きな問題はありましたが、何とか無事に塗装終了しました。
(自転車屋さんによっては、固着したステムを外す専用工具を持っている様ですが、何せお高いのです・・・)つまり、うちには無い・・・(^^;;
PB062010.JPG

ここまでくれば、あとはパーツを組んでいくだけだ!

まずはヘッドパーツを組み込んで、次にBBだな〜。
っと、新品のヘッドパーツを打ち込もうとしたのですが・・・

あれっ・・・?

フォークの玉押し(コーン)は無事打ち込めたのですが、フレーム側の玉受け(カップ)がスカスカです。

あれれ?

もしかして、オーバーサイズ?でもコラムは標準サイズだよなー??
とヘッドチューブの内径を測ったところ、32mm・・・(^^;;
ノーマルは約30mm、オーバーサイズは34mm・・・

これって・・・その時代のナショナルオリジナルサイズ・・・?

あららっ・・・(汗;;)

自転車に限らず旧車を再生するときによくある話ですが、現行の規格にはないサイズが存在していたりします。

元々のヘッドパーツは錆と球痕が酷くてとても再利用できません。

しかし、ここを何とかしないと形になりません・・・

一難去ってまた一難・・・

・・・続く・・・
posted by チャリジャック at 00:22| 東京 ☁| Comment(2) | 自転車改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真夜中にふと、チャリジャック様の存在をネットで発見、過去ログを遡り、目頭を熱くさせられました。

雨風の強い経営状況、お察し致します。こんな時代ですからね。


しかし貨幣経済偏重の時代も、今まさに分岐点。貴方の様な、物創りの本質を心得てる方たちが、次の世代への価値観のバトンタッチをする事が出来、そしてそこ権利を有していると信じて止みません。

失礼を覚悟で言います。

副業上等、決してチャリジャックを止めずに続けてほしい。

町の灯を、匠の体温を、決して絶やさずにいてほしい。

必ず時代は変わります。同時に価値観のへんかんは次世代へのバトンを手渡された私達の使命でもある。

僭越ながら、私も齢36歳で創作畑の末席を汚している輩です。

電子の波の向こう側で、貴方を応援しています。

Posted by esion at 2013年11月28日 23:10
esion様

嬉しいコメントをありがとうございます。

只々自転車いじりが好きで始めた店です。

今のところ採算が取れていないのですが、何とか頑張って続けていこうと思います。
Posted by Chalijack at 2013年12月12日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。